見方を変えて、自分で変えるものを選ぶ ~ 気持ちを見直す4

ぜひ、分けるときに入れてほしいキーワードがあります。

「自分で変えられること?」それとも、「自分の力では変えられないこと?」

我が家の長男は、現在中学3年生。
「子どもが受験で合格する」も来春になりたい未来のイメージです。
しかし、これは母の力で実現するものではありません。
私が勉強して試験を受けるわけにはいきませんから。

そこで、見方を変えてみる。
例えば、「子どもが受験で実力を発揮できるようにサポートする」ことはできますね。

「宝くじで7億円当たる」はどうでしょう?
運があるので、自分の力だけでは実現しませんね。
でも、買わなければ当たりませんから、「宝くじで7億円当たることを楽しみに宝くじを買う」ことはできます。

では、「世界一周旅行をする」は?
贅沢な夢かもしれませんが、10年後、20年後のために貯金をすることでお金の問題は解決できそうです。

「いつまでも若くいたい」は無理ですか?
運動や食事に気を使うことで実現できるかもしれません。

 

運や自分以外の人の力が必要なことは、思い通りにはいきません。
ところが、自分で変えられることを選べば、なりたい未来に近づくことはできるのです。

少し見方を変えて、自分で変えられることを選んでみてください。

 

なりたい未来の自分に近づくための自分時間の作り方をお伝えしていきます。

 

me-timeとは「自分時間」のこと。
自分だけの時間、好きに使える時間。
この me-time = 自分時間 があったなら、あなたは何をしたいですか?